2018/10月01日

プレスリリース 2018.09.26

国内間伐材ノベルティ
平成最後の『卓上カレンダー』を10月1日発売
“脱プラスチック”を体現 身近な環境意識の改善に
顧客とともに森林保全 CSRの先にある森林を通した
「共有価値の創造(CSV)」を推進






フロンティアジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:額賀 泰尾)が運営する
木材ノベルティ専門サイト「WOOD+(ウッドプラス)」では、平成最後となる木製の『卓上カレンダー』を
10月1日より販売開始します。「WOOD+」は国産材/間伐材を活用した温かみあるグッズを販売しており、
BtoB企業の販促や記念品製作をサポートしています。


■平成最後の記念に温かみのある木製カレンダーのノベルティ
平成の時代が終わり、2019年は新しい元号に変わります。
そのため、平成と記載されたカレンダーは今年発売されるものが最後となり、記念品として需要も高まっています。
年末年始や年度のはじまりに配布するノベルティとして、『卓上カレンダー』は毎年人気のある商品です。
本商品の土台部分は国産杉の間伐材を使用しており、焼印またはシルク印刷での名入れにも対応しています。
スケジュールを確認しやすいシンプルなデザインでメモができ、カレンダー部分はオリジナルデザインの製作も可能です。
職場など生活空間に木材ならではの温かみと香りを届けられる魅力の詰まった商品です。

■商品仕様
商品名 :卓上カレンダー
ホームページ :https://www.eco-pro.ne.jp/

■プラスチック問題解決の一助となりうる国産間伐材の活用
プラスチックストローの使用中止宣言をした米コーヒーチェーン大手をはじめ、
欧米では使い捨てプラスチックバッグやマイクロビーズの使用を禁止する国もあり、
世界的に脱プラスチックの方向に舵を切っています。
これはプラスチックの不適切な廃棄や不十分な廃棄物管理等により、
陸域から河川を通じて海洋に流出するプラスチックごみに対する意識が世界的に高まっているためです。
プラスチックごみが海に流出する間にマイクロプラスチックになり、生態系に悪影響を及ぼすことが危惧されています。
一方、木材は燃焼や微生物によって分解されます。
山や森にある木々の間伐をし、きちんと植林することにより木材資源として再生が可能です。
世界第3位の森林率を誇る日本の間伐材を有効活用することで、資源を枯渇させることなく循環利用ができると当社は考えています。
企業のノベルティとして国内の間伐材を使用した当社製品の活用は、「日本の森林保全につながる」、
「間伐材の使用に対して企業サイドの意識が高まる」、
「CSRプロモーションを展開で、環境に対する日常の意識も高められる」というメリットがあります。
環境問題に意識を高めるきっかけにもなり、平成最後の贈り物として木の香りとぬくもりのある『卓上カレンダー』は
来年用のノベルティとして最適です。



<フロンティアジャパンについて>
当社では、国産間伐材の有用性をいち早く察知し、外来材を一切使用しない企業向けノベルティにはじまり、
それまでエコの名のもとに無味乾燥だった市場にスタイリッシュなデザインの国産材木製品を投入してきました。
従来のノベルティグッズ会社からは大きく飛躍し、顧客企業の特長をグッズを通して可視化することに強みを持っています。
近年は顧客企業が保全整備を実施している森林(「企業の森」)から生まれる木材を活用した話題性のある製品を提供。
当社は“森の総合商社”として、CSR(企業の社会的責任)の先にある、森林を通してのCSV(Creating Shared Value/共有価値の創造)を
推進していきます。
各ノベルティの通販サイトの他に、建築、土木、内装、家具、木工といった様々な用途に使用される木材、
それらに関わる全国各地の会社をつなぐことで、木材業界に新たな価値や出会いを提供する「キバドットコム KIBA.com」の
運営もおこなっています。


【会社概要】
社 名:フロンティアジャパン株式会社
所在地:〒135-0004 東京都江東区森下3-12-5丸八倉庫2階
代 表:代表取締役 額賀 泰尾
設 立:平成8年5月8日
資本金:10,000,000円
事業内容:間伐材を使用した販促品・ノベルティ製品全般の企画・製造・販売・梱包・内職・発送代行業務
商品URL:http://www.eco-pro.ne.jp/
コーポレートサイト:http://www.frontierjapan.co.jp/
お問い合わせ先:03-5669-0990(本社・ショールーム)



<報道関係者からのお問い合わせ先>
フロンティアジャパン広報事務局  担当:伊藤
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
携帯:080-3711-6561  メール:pr@netamoto.co.jp

2018/09月13日

プレスリリース 2018.09.07

温かみあるノベルティ “木製の表紙”のノート 
9月10日より新発売
薄さ0.4mmで折り曲げ可能 木の質感残して手になじむ
CSR活動として 国内間伐材の活用で日本の森を元気に


フロンティアジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:額賀 泰尾)は、
業界としては画期的な折り曲げられる『木製中とじノート』を2018年9月10日より新発売します。
当社が運営する木材ノベルティ専門サイトWOOD+(ウッドプラス)では、
国産材/間伐材を活用した温かみあるグッズを販売しており、
BtoB企業の販促や記念品製作をサポートしています。


■使うほど手になじむ、木のぬくもりあるノート
『木製中とじノート』は間伐材の特性を活かし、その限界に挑戦して商品化を実現。
従来では難しいとされていた技術を用いて、木を0.4mmまで薄くする加工をし、
表面・裏面の両面にラミネート加工も施すことにより、
木の質感・ぬくもりを損なうことなく丈夫でしなやかな木製シートのノートが完成しました。
使えば使うほど味が出て、手になじんでいくのが特長で、使用者の愛着もわきます。
何気ない日常の中で使われるステーショナリーグッズを通してに木のぬくもりを届けます。

■ノベルティにCSR活動・環境保全の付加価値を
森林の整備を行う際に出てしまう国内の間伐材を使用した当社のノベルティ製品を企業が活用することにより、
日本の森林保全につながります。また、間伐材の使用は企業サイドでのメリットも多くあり、
対外的なCSRプロモーションの展開をはじめ、社内のおける環境への意識も日常の業務の中で高めることが出来ます。
今後は封筒や、ブックカバーなどの製品化も検討しています。
木製シートはプリントも可能なため、名刺やインビテーションカードなどにも使用することができます。
当社は様々な間伐材のノベルティグッズを通して、日常の生活空間に木の香りが届くようにすることを目指しています。

■商品仕様
商品名:木製中とじノート
参考上代:450円(税別)  <最低ロット 1,000個>
サイズ:縦182mm×横127mm×厚さ5mm
原材料:国産杉



<フロンティアジャパンについて>
当社では、国産間伐材の有用性をいち早く察知し、外来材を一切使用しない企業向けノベルティにはじまり、
それまでエコの名のもとに無味乾燥だった市場にスタイリッシュなデザインの国産材木製品を投入してきました。
従来のノベルティグッズ会社からは大きく飛躍し、顧客企業の特長をグッズを通して可視化することに強みを持っています。
近年は顧客企業が保全整備を実施している森林(「企業の森」)から生まれる木材を活用した話題性のある製品を提供。
当社は“森の総合商社”として、CSR(企業の社会的責任)の先にある、森林を通してのCSV(Creating Shared Value/共有価値の創造)を
推進していきます。
各ノベルティの通販サイトの他に、建築、土木、内装、家具、木工といった様々な用途に使用される木材、
それらに関わる全国各地の会社をつなぐことで、木材業界に新たな価値や出会いを提供する「キバドットコム KIBA.com」の
運営もおこなっています。


【会社概要】
社 名:フロンティアジャパン株式会社
所在地:〒135-0004 東京都江東区森下3-12-5丸八倉庫2階
代 表:代表取締役 額賀 泰尾
設 立:平成8年5月8日
資本金:10,000,000円
事業内容:間伐材を使用した販促品・ノベルティ製品全般の企画・製造・販売・梱包・内職・発送代行業務
商品URL:http://www.eco-pro.ne.jp/
コーポレートサイト:http://www.frontierjapan.co.jp/
お問い合わせ先:03-5669-0990(本社・ショールーム)



<報道関係者からのお問い合わせ先>
フロンティアジャパン広報事務局  担当:伊藤
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
携帯:080-3711-6561  メール:pr@netamoto.co.jp

次のページ