2018/08月01日

プレスリリース 2018.08.01


キャンパスの思い出や環境保護に 間伐木材がベンチや時計などのオリジナル製品に生まれ変わる!
学校の改築に伴って伐採される敷地内の樹木や保有する演習林の間伐材を再活用

“森の総合商社”が学校へ木の文化活性を提案

企画から商品製造までのスタートからゴールまでをサポート



 フロンティアジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:額賀 泰尾)は、学校を対象とした木の文化育成の企画を2013年より展開し、現在までに大学をはじめとした教育機関へサービスを提供しています。
 当社は、国産間伐材を有効活用して日本の林野業界の活性を目指し、“森の総合商社”として様々な木の活用法を提案しています。

 日本の国土の約7割は森林*におおわれており、世界第3位の森林大国です。日本人は昔から木を育て、様々な形での木の活用法を考え、世代を超えて使い続ける「木の文化」を築いてきました。現在、大学などでは環境的側面から森林に対する理解が高まる中、木がもつ様々な使い方・可能性に注目が集まっています。

*FAO Global Forest Resources Assessment


 「キャンパス内の古木を何とかしたい」、「安全管理上、伐採が必要になった校内の木を別の形の思い出として残したい」など、様々ニーズがあります。しかしながら、木の良さや重要性は理解できるものの、蓄積されたノウハウが大学などには無いため、計画が立てられない悩みに直面しています。
 当社の企画では、ターゲットである教育機関のニーズを分析した上で、再生可能な資源である木の様々な形の活用法を提示し、計画立案から商品製造までサポートします。また、学校の敷地内に木が無い状況でも、環境保護に興味や関心があれば、木材を調達して形に残る環境保全活動などの企画提案が可能です。


【プロデュース事例① 慶応義塾大学:キャンバス内のヒマラヤスギを思い出の形にしたグッズに】
 慶応義塾大学より、三田キャンパス敷地内にあるヒマラヤスギの伐採後の利用方法について依頼がありました。明治45年に開館し、国の重要文化財にも指定されている旧図書館の耐震補強工事に伴い、建物のそばに生えていたヒマラヤスギの伐採が決定。長年在校生や塾生OBに親しまれ、景色の一部として愛されてきた樹齢約90年の杉の木を、当社はカバンや携帯電話などに常に身に付けられるストラップや日常生活になくてはならない置時計として生まれ変わらせることを提案しました。
 伐採したヒマラヤスギを製材所へ運搬し、乾燥後には木材に加工。旧図書館がプリントされたストラップやキャンパスの代名詞の一つでもある大時計を文字盤にデザインした置き時計を制作しました。思い出を可視化する当グッズは、塾生OBはもちろん、オープンキャンパスなどで大学に訪れる高校生にも好評です。


■思い出のヒマラヤスギを日常生活で身に付けるストラップや置時計に


【プロデュース事例② 成城学園:伐採木材をキャンバス内のベンチや椅子、什器に変身】
 成城学園より敷地内の伐採した木材でのアイテム作成の依頼がありました。当社スタッフが実際に伐採エリアの視察を行い、アイテムに反映できる木を選定。丸太を千葉県の製材所に搬送し、乾燥させました。「学生が休み時間にほっと一息つけるシーン」を想定し、ベンチや什器のイラスト付き企画案を提示。企画が了承された段階で、製材所で加工に適した木材へのカットを行い、野外でも快適に使用できるベンチや椅子の製作をしました。製品完了後には、設置作業を行いキャンパス内に憩いの場が完成。また、今回の取り組みをキャンパス内の学生への周知と理解の獲得を考え記念プレートを設置し、その他にも定規やしおりなどの小物も制作しました。


■キャンパスに生えていた木が憩いのスペースに

当社は再生可能な自然資源である「木」について、お客様の使用環境とニーズに細かく配慮した企画や運用サポートを今後も行い、日本国内の豊かな森を育みより豊かな社会の実現を目指します。

【サービス概要】
サービス名:『学校林(樹木)、演習林の再活用サービス』
サービス内容:森林保全活動支援(企画/コンサルティング)
        ・コンセプトに基づき、アイディア展開
        ・企画実施サポート
        ・間伐材の活用支援サポート
        ・製造、加工


【会社概要】
社 名        : フロンティアジャパン株式会社
所在地        : 〒135-0004 東京都江東区森下3-12-5丸八倉庫2階
代 表        : 代表取締役 額賀 泰尾
設 立        : 平成8年5月8日
資本金        : 10,000,000円
事業内容       : 間伐材を使用した販促品・ノベルティ製品全般の企画・製造・販売・梱包・内職・発送代行業務
商品URL        : http://www.eco-pro.ne.jp/
コーポレートサイト  : http://www.frontierjapan.co.jp/
お問い合わせ先    : 03-5669-0990(本社・ショールーム)



<報道関係者からのお問い合わせ先>
フロンティアジャパン広報事務局  担当:伊藤
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788
携帯:080-3711-6561  メール:pr@netamoto.co.jp

2018/07月30日

プレスリリース 2018.07.12

「売りたい」と「欲しい」を直接つなぎ
簡単かつオープンな取引きで 国産木材市場を活性!


木の文化で日本を元気に 【業界初】マッチングサイト KIBA.com(キバドットコム)
情報少ない林野業界を“森の総合商社”が改革


https://wood-kiba.com/


 国産間伐材を有効活用したノベルティグッズ製作・販売などを通し、日本の林野業界の活性を目指す“森の総合商社”フロンティアジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:額賀 泰尾)は、全国の木材・木材製品の売り手と買い手を直接つなぐマッチングサービス「KIBA.com(キバドットコム)」ウェブサイトを 2018 年 1 月にオープン。7 月 17 日(火)より、本格的にサービスをスタートいたします。


■業界初のマッチングサイトで林野・木材産業を未来ある現場に
 国土面積に占める森林率は世界第 3 位*。素晴らしい自然に恵まれた森林大国の日本ですが、戦後をピークに国産木材の需給量は減少の一途。林野・木材産業は、衰退の危機を迎えています。その背景には輸入材の台頭、住宅・生活スタイルの変化、人材不足などさまざまな社会的要因がありますが、当社が着目したのは “情報不足”です。
 売り手である製材・加工業者が抱える悩みは「業界が閉鎖的」「自社が取り扱う商材以外の情報が少ない」「商流が長くユーザーニーズを把握しにくい」「コストや納期の希望の乖離」など。買い手の工務店・家具メーカーは、「特殊加工に応えたいが、対応してくれる製材会社とのパイプがない」、そもそも「欲しい材がどこにあるか分からない」……。当社の幅広いネットワークにより、「売り手」と「買い手」が直接コンタクトできるウェブサイトを開設。オープンな情報で取り引きを活性化し、日本の林野・木材産業への貢献を目指すマッチングサービスが「KIBA.com(以下、キバドットコム)」です。

*FAO Global Forest Resources Assessment 2010


【キバドットコムの特徴】 https://wood-kiba.com/
▼製材会社・加工会社サーチ
木材事業者の紹介ページより、希望にあった会社をサーチ。企業情報の他、納入実績や掲載製品なども随時更新されます。

▼木材・木材製品サーチ
製材会社や材木屋、加工会社が製品をサイトに直接掲載でき、定番品から長期在庫品・規格外品の情報も公開。国産を中心に輸入材も用意。

▼企業取材コラム
木材や業界ニーズに関する知識の豊富な当社スタッフが直接現場に出向き、取り扱い木材やセールスポイントを取材します。

▼納品後決済、未納品リスクをゼロに
新規取引では前金が当たり前。「キバドットコム」では月末締の後払い決済を用意。また複数の取引が発生しても請求は一本化されます。


■企業とユーザーの信頼構築をサポートし、安定・恒久的な取引きを目指す
 これまで日本では、森林に関する情報量が圧倒的に少なく、売り手と買い手のニーズの把握すら難しい状況にありました。
 「キバドットコム」では発信ノウハウの乏しい林野産業の川上サイドにプライオリティを置き、製材会社の情報発信やプロモーション支援、製品企画などをサポートしていきます。それぞれの企業の強みや特徴を可視化することで、ユーザーはニーズにマッチした物選びが可能になり、企業は自らの価値を高める努力で、より経営が強固に。
 「キバドットコム」では、売り手と買い手が安心・恒久的に取引きを続けられる新しい価値と関係を構築していきます。




【会社概要】
社 名 : フロンティアジャパン株式会社
所在地 : 〒135-0004 東京都江東区森下 3-12-5 丸八倉庫 2 階
代 表 : 代表取締役 額賀 泰尾
設 立 : 平成 8 年 5 月 8 日
資本金 : 10,000,000 円
事業内容 : 間伐材を使用した販促品・ノベルティ製品全般の企画・製造・販売・梱包・内職・発送代行業務
商品 URL : http://www.eco-pro.ne.jp/
コーポレートサイト : http://www.frontierjapan.co.jp/
お問い合わせ先 : 03-5669-0990(本社・ショールーム)


<報道関係者からのお問い合わせ先>
フロンティアジャパン広報事務局 担当:伊藤
TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788
携帯:080-3711-6561 メール:pr@netamoto.co.jp


前のページ

次のページ